ブログ

2018.01.26更新

キシリトールはむし歯を防ぐ!

そういう話を聞いたことがある人~~hand

じゃぁ、なぜ、むし歯を防いでくれるか

知っている人~

???

ここらへん、あいまいな感じがするので

どういうことか、簡単に書いていこうと思います。

 

まず、むし歯は

・細菌・宿主(歯の質)・基質(糖など)・時間

この4つが重なるとむし歯になります。

 

c

 

それぞれの部分を小さくすることが出来れば

むし歯予防になるのですが

 

c

 

キシリトールは右側の基質(糖など)に関係しています。

 

c

 

【糖】と聞くとむし歯になりやすそうですが、

キシリトールは天然の甘味料で【糖アルコール】に分類されます。

実は、この【糖アルコール】は

細菌の増殖を抑えてくれるだけでなく、

細菌から出る≪酸≫をあまり発生させず、

細菌から出るネバネバの液≪不溶性グルカン≫も発生させ難くしています。

なので

キシリトールを日常的に摂っていると

・細菌が増えない&酸が発生しにくい&歯垢を落しやすい

ということで

むし歯になりにくい

と、言われているんですね~nico

でも、注意する点があります。

その①

一度に大量に摂ってしまうと≪下痢≫になってしまうことがあるので

食べ始めは控えめにehe

慣れてくると下痢症状は出なくなります。

その②

ガムやタブレットなど

商品の成分表示を見るようにして下さい。

c

 

キシリトールが50%以上含まれていないと効果がありませんfun

 

c

 

このへんのポイントを抑えて

美味しく&賢くキシリトールを摂っていきましょうね~笑う

c

歯科医院で取り扱っているキシリトール製品は

含有量100%なので安心ですihi

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

 

次は

8020達成者のご紹介ですni

8020

 

今回の8020達成者は外間さん。

表彰する時に

「スーツ着てくればよかったなぁ」

と照れておりました。

8020の秘訣をお聞きしたのですが、

「特別には何もしていないよ。ゆっくり歯磨きすることぐらいかなぁ」

とおっしゃっていましたnico

 

8020

元気の秘訣は

『ブラッシング』ですね笑う

 

 

 

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

 

浦添市で歯医者さんを探している方へ 
上原歯科クリニック
どうぞお越しください glitter

 

 

 

 

 

投稿者: 上原歯科クリニック

2018.01.17更新

何だか、体がだるいなぁ。

でも高熱が出ているわけでもないし、

咳がたくさん出るわけでもないし、、、

 g

長期にわたって微熱が続き、食欲不振があるようでしたら

≪誤嚥性肺炎≫

の可能性があります。

 

お口の中には数千億もの細菌がいます。

お口の中のケアが悪いと、細菌を含んだ唾液や食物が

right arrow食道right arrow胃 ではなく

誤って

right arrow気管right arrow肺 

に入ってしまい、誤嚥性肺炎という病気が引き起こされます。

g 

普通なら飲み込みが変になった場合、

咳をして気管に入るのを防ぐのですが

飲み込む力が弱くなったり、咳反射が弱くなった高齢者が

かかりやすい病気です。

 

高齢者の死因上位の肺炎のほとんどが

誤嚥性肺炎とも言われています。

g

 

では、

この、怖い≪誤嚥性肺炎≫

何か防ぐよい方法は???

 

一番は、やっぱり

ブラッシングglitter

歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどはもちろん

高齢の方は義歯の清掃や洗浄剤の使用が効果的!

 

次に、飲み込む力が弱くなっている場合には

あいうべ体操nico

g

お口の周りの筋肉を動かすことや唾液が出やすくなることによって

飲み込む力を強化!

 

あと、食事の姿勢も意外と重要です。

g

 

いつまでも元気に過ごせるように

気を付けていきたいですね笑う

 

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

 

浦添市で歯医者さんを探している方へ 
上原歯科クリニック
どうぞお越しください glitter

 

 

 

投稿者: 上原歯科クリニック

2018.01.10更新

今年最初のブログは

≪フッ素入り歯磨剤とつぶつぶの恐怖≫

と題して書き進めてみようかなぁ、と思います。

昨年の3月に市販の歯磨剤のフッ素含有量の上限が

1000ppmから1450ppmに変更されました。

それに伴っていろいろなメーカーさんが

歯磨剤をリニューアルしています。

これまでの歯磨剤にはあまり表記されていなかったのですが

最近は分かりやすくなっているので

購入される場合は要チェックheart

(赤表示が濃度になります)

チェックアップ

 

 

効果的な使い方も合わせてチェックheart2

・年齢によって使う量を確認

(お子さんに使用する場合には子供用の歯磨剤を使用してください)

 

f

・ブラッシング後にたまったものを吐き出す。

・お水約15ml(大さじ1)で約5秒間ブクブク。

・すすぎは1回だけでOK

f

歯磨剤をつける前に空磨きをして

しっかりと汚れやプラークを落としてから

歯磨剤やジェルをつけて磨く方法だとより効果的ですね笑う

 

フッ素入り歯磨剤の中でも

厄介なものもあります。

それは、

つぶつぶが配合されている歯磨剤

なぜ厄介なのかと言いますと

つぶつぶに使われているのは

≪マイクロビーズ≫

というもので、これが歯肉と歯の間にある歯肉溝に入ると

取れにくく、入ったままだと歯肉に炎症を起こします。

 

p

 

自然には溶けていかない(分解されない)物質なので

近年では環境問題にもなっています。

毎日使う歯磨剤、

これを機会に見直してみてはいかがでしょうか?

 

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*

 

 浦添市で歯医者さんを探している方へ 
上原歯科クリニック
どうぞお越しください glitter

 

 

 

 

投稿者: 上原歯科クリニック

医療法人健生会 上原歯科クリニック 電話番号:098-879-1555

inq_sp.png

BLOG by上原歯科クリニックBLOG by上原歯科クリニック

上原歯科クリニックの紹介上原歯科クリニックの紹介

一般歯科 虫歯・歯周病の治療

予防歯科 むし歯・歯周病を未然に防ぐ

欠損・修復治療 患者さん毎にベストな治療法を提案

矯正歯科 気になる歯並びを治療

審美歯科 歯をキレイにする

訪問歯科診療 自宅で治療

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC