患者さん毎にベストな治療法を提案(欠損・修復治療)

歯を失ってしまったら

むし歯、歯周病、外傷などで歯を失ってしまった時には、できるだけ快適で、きちんと噛めるよう治療をすることが重要になります。
治療選択肢としては、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つがあり、当クリニックではそれぞれご説明して、患者さんが納得のいく治療を受けられるようにしています

歯を失ってそのままにしておくと隣の歯が倒れてきて、噛み合わせに異常をきたしますので、放置せず必ず治療を受けるようにしましょう。

インプラント治療

インプラント治療とは

インプラント治療では、歯を失った箇所にチタン合金でできた骨と直接結合する人工歯根を埋入し、その上に被せ物を取り付けます
天然の歯に優ると劣らない優れたものです。

入れ歯やブリッジのように他の歯に負担をかけることがないため、他の歯を守るという意味で大きなメリットがあります。

日本口腔インプラント学会の専門医による治療

当クリニックの院長は、公益社団法人日本口腔インプラント学会より専門医の認定を受けており、これまでにインプラントに関する様々な専門的な知識と技術の習得、そして治療実績を重ねてきました。

日本口腔インプラント学会などを通して、知識と技術の研鑽を続けています。

信頼のインプラントメーカー「ストローマン」

インプラントを製造しているメーカーは、世界中にたくさんありますが、その中でもスイスのストローマン社は50年以上の研究開発と、500万人以上の患者さんにインプラントを提供してきた実績があり、安全で信頼性が高いです。

現在は世界のインプラント市場でトップのシェアを誇っており、今なお科学的根拠に基づいた研究開発も続けています。
当クリニックでは、こうした様々な理由から、主にストローマン社のインプラントを使用しています。

歯科用CTとオペ室で、安全・安心のインプラント治療を実現

当クリニックでは、インプラント治療を行う前に、歯科用CTでお口の中の詳細な立体画像を撮影して、骨などの位置と状態を正確に診断します。

さらに、インプラントを埋入する手術は、専用のオペ室で行うことで、周囲を気にせず安全に安心して治療を受けて頂けるようにしています。

骨造成

当クリニックでは、顎の骨が薄くて通常方法ではインプラントが困難な方にもインプラント治療を受けて頂けるよう、骨の再生治療も行っています。

方法としては、骨が薄いところへ骨充填剤、膜を置いて骨再生をはかるGBRやソケットリフト、サイナスリフト等を行います。

費用と保証制度

インプラント治療 270,000円〜
(カウンセリング、インプラント埋入手術、被せ物などすべて込み)

なお、ご希望の方は、最高10年まで保証されるインプラント治療保険にご加入頂くことができます。

※税込表記
※各種クレジットカード対応

インプラント治療 症例

before

after

入れ歯(=デンチャー・義歯)

入れ歯の選び方

一言で「入れ歯」と言っても、実はいくつかの種類があります。

現在お使いの入れ歯に、痛い、使いづらい、すぐ外れる、違和感がある、しっかり噛めないといった不満をお持ちの方は、入れ歯の種類を変えることをご検討されてみてはいかがでしょうか。

レジン床デンチャー(保険の入れ歯)

保険が適用されるため、費用を抑えられるというメリットがあります。

ただし、使用できる素材が保険制度で限定されているため、どうしてもお口の中に違和感がある、食事や飲み物の味が分かりにくい、金属のバネが見えてしまう、汚れが付きやすい、厚みがあって違和感があることがあります。

金属床デンチャー(自費)

入れ歯の土台部分(床)に金属を使用した入れ歯です。

薄く作ることができるため、装着感も良く、お口の中で良く適合します。金属のため、丈夫であるというメリットがあります。

さらに、熱を通しやすいため、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく感じられ、食事を美味しく召し上がって頂けるのも大きな特徴です。

【和田精密所より引用】

ノンクラスプデンチャー(自費)

金属のバネがないため目立ちにくく、汚れや臭いも付きにくいというメリットがあります。
適応する症例はある程度限定されますが、患者さんに満足していただけます。

before

after

インプラントデンチャー(インプラント義歯)

 
 

インプラントと義歯を併用する治療方法です。

あらかじめ顎骨に2~4本程度のインプラントを埋入し、そのインプラントを利用して取り外しの義歯を維持する治療法です。失った歯が多くても比較的少ないインプラントで義歯の安定を図ります。
義歯がしっかり固定され、取り外して手入れもし易く、身体的、経済的に比較的軽くおすすめしたい方法です。

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは

歯を失ってしまった箇所の両隣にある歯を削り、それらの歯を支えにして橋をかけるように歯を作るのがブリッジ治療です。

ブリッジ治療では使用する材料を選ぶことができるため、ジルコニアフレームやチタンフレームを使うことで、金属アレルギーの心配がなく、白くきれいに仕上げることも可能です。

医療法人健生会 上原歯科クリニック 電話番号:098-879-1555

inq_sp.png

BLOG by上原歯科クリニックBLOG by上原歯科クリニック

上原歯科クリニックの紹介上原歯科クリニックの紹介

一般歯科 虫歯・歯周病の治療

予防歯科 むし歯・歯周病を未然に防ぐ

欠損・修復治療 患者さん毎にベストな治療法を提案

矯正歯科 気になる歯並びを治療

審美歯科 歯をキレイにする

訪問歯科診療 自宅で治療

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC