気になる歯並びを治療(矯正歯科)

矯正治療の必要性

歯並びが悪いことを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。

不正咬合にはいくつもの不都合なことがありますので、必要であれば矯正治療でそれを解決することが出来ます。

不正咬合によるデメリット

見た目が気になる。
しっかり噛むことができず、歯磨きがしづらいため、むし歯や歯周病になりやすい。
発音障害になることがある。
口呼吸になることがある。等

大人の矯正

セラミックブラケット

 

インビザライン

 

インビザライン

矯正治療は、何歳になっても受けて頂くことができます

当クリニックでは通常のマルチブラケット装置による矯正治療の他、透明マウスピースで目立たないで歯を移動させていく「インビザライン」という方法も取り入れて喜ばれています。

矯正治療の流れ

問診

歯を診させて頂き、矯正治療に関してご不明な点などにお答えしていきます。

矢印
検査、診断

模型の作製やレントゲン撮影によってお口の中を正確に把握していき、どのように矯正治療を進めていくのかを診断します。

矢印
装置の取り付け

マルチブラケット装置、もしくは透明マウスピースを、お口の中に取り付けます。

矢印
定期調整とチェック

3〜4週間ごとに、装置の状態や、どれくらい歯が移動しているかを確認します。
マルチブラケット装置の場合は、ワイヤーをその都度調整していきます。
透明マウスピースを使った矯正は、2週間ごとにご自宅でお取り替えください。

矢印
保定

およそ2~3年で歯が目的の位置に移動しますので、その後は後戻りしないよう保定装置(リテーナー)を取り付けて、さらに1~2年程度かけて歯の位置を安定させます。この間は、3~4ヶ月ごとにメンテナンスに通って頂きます。

大人の矯正歯科 症例

before

after

子供の矯正

ムーシールド

 

i-3

 

T4Kトレーナー

舌癖、飲み込みの異常等で、成長期に比較的小さい子供に取り外しのきく装置を応用して口の周りの筋肉等をトレーニングして歯並びを矯正する方法があります。

具体的には、マウスピースのような装置(ムーシールドi-3myobrace、T4Kトレーナー)を使用して、唇や頬などのお口の周りの正常な筋肉を発達させて、口呼吸をなくす、舌の癖を治す、顎を広げる、受け口や出っ歯の位置関係を改善するする、といった治療をしていきます。

子供の矯正歯科 症例

before

after

筋機能訓練(MFT)

当クリニックでは、装置を使った矯正治療だけでなく、歯科衛生士が直接お口の周りの筋肉の使い方などをトレーニングすることで、歯並びを改善する治療も行っています。

例えば、お口を閉じても上下の歯の間に隙間ができる方や、舌を上手く使えず発音に支障のある方に、筋機能訓練を実施します。

部分矯正

全体の歯並びは悪くないが、1本か2本だけ歯の位置が気になるという方には、症例によっては部分矯正することもできます。

もちろん期間も費用も、通常の矯正治療より抑えることができますので、お気軽にご相談ください。

矯正治療の費用

マルチブラケット装置 475,000円~
(セラミックの場合は+5,000円)
小児矯正 110,000円~
部分矯正 55,000円~

※税込表記
※各種クレジットカード対応

医療法人健生会 上原歯科クリニック 電話番号:098-879-1555

inq_sp.png

BLOG by上原歯科クリニックBLOG by上原歯科クリニック

上原歯科クリニックの紹介上原歯科クリニックの紹介

一般歯科 虫歯・歯周病の治療

予防歯科 むし歯・歯周病を未然に防ぐ

欠損・修復治療 患者さん毎にベストな治療法を提案

矯正歯科 気になる歯並びを治療

審美歯科 歯をキレイにする

訪問歯科診療 自宅で治療

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC